ニュース‎ > ‎

産経新聞【見つけた! みんなが輝く教育】 (品川裕香さん)


産経新聞生活欄コラム【見つけた! みんなが輝く教育】(品川裕香さん、9/30、10/7)で「改善できるワーキングメモリー」、「トレーニングでワーキングメモリー向上」と二回にわたって報道されました。トーケル・クリングバーグ教授来日時のインタビューです。 (PDFファイル 9/30記事 10/7記事

(注 釈:”同博士の許可があれば日本でも導入可能です”との楽しい記事のしめなのですが、同博士はワーキングメモリートレーニングに関する技術をコグメド社に 移転しており、正確には”コグメド社の許可があれば”となります。またもちろん、日本には導入済みです。スウェーデンや英国では、全ての生徒を対象にした 学力・注意集中力向上のためのトレーニングとして導入が始まっています。こうした”ユニバーサルデザインな教育”としては日本ではまだ未導入で、導入可能 という意味かと存じます。お客様からのご質問へのお答えとして。)
ページの下半分ですので、スクロールダウン願います。
ページの下半分ですので、スクロールダウン願います。

品川裕香さんの最新の著書 ”怠けてなんかいない!2セカンドシーズン Dyslexiaディスレクシア あきらめないー読む・書く・記憶するのが苦手なLDの人たちの学び方・働き方”において、第三章 ”今、できること・やるべきこと”の”II. 記憶の問題 ー ワーキングメモリを向上させる1つの方法”でも、ワーキングメモリトレーニングについて取り上げていただきました。