コグメドの特長

基盤となる認知能力のトレーニングであり、スキル学習ではありません:

コグメドでは新しいスキルを学びません。スキルを学ぶためのプラットホームとなる能力をつくります。
脳神経の可塑性=Plasticityプラスティシティーとは、脳の機能を実現するために神経回路が、その性質を物理的・生理的に変化させる事ができる性質です。ワーキングメモリは可塑性により改善・強化されます。
一旦ワーキングメモリが改善されると、新しいスキルを得る事が突然可能になる体験をされることでしょう。
注意・集中力、多動の改善 仕事の能力と若々しい脳 4-6歳児

明確なアプローチ、大きな効果:

コグメドは、ワーキングメモリの改善・強化を通して、注意のコントロールと集中力をつけ、気が散ることや衝動をよりよくコントロールできるようになることを目的としています。
これは、学業において学力として、また社会生活や職業の基本能力の改善・向上として本質的な効果を生みます。
コグメドのアプローチは、明確かつ効果的です。
効果と感想

比類ない研究とエビデンスのレベル:

コグメドはトップレベルの科学者達によって検証され、論文発表された研究に基づいています。
コグメドの研究による証明と論拠は、他のいかなる注意トレーニング製品の追随も許しません。
現在コグメドが提供しているプログラムとトレーニング方法そのものが研究で実際に使われて、方法も効果もともに科学的・臨床的に証明されています。カロリンスカ大学でも、独立研究でも同様です。これは新薬を開発するプロセスと同様で、強力なエビデンスを得ています。

ワーキングメモリ研究を20年以上専門とする英ヨーク大学Baddeley(バデレー)教授のグループの研究者達は、パソコン黎明期より無数のワーキングメモリタスクを開発し、研究してきました。どんな結果が出ようとも自由に公に出来る独立研究契約をカロリンスカ大学と締結して、彼らは眉唾でコグメドのワーキングメモリトレーニングを評価する独立研究を開始して、初めて実際にワーキングメモリが改善することを目の当たりにして、腰を抜かすほど驚くことになりました。

ワーキングメモリが改善できるという史上初のブレークスルーは、現代の科学で可能な限りの検証を経て論文発表されました。専門家が何十年も試みて実現できなかったワーキングメモリの改善は脳科学によって可能になり、この技術には特許が与えられています。
行動面や学力などへの効果も同様に厳しいレベルのエビデンスに基づいています。
コグメドの研究 研究概要

専門家によるサービス:

トレーニングの期間を通して、コグメド認定コーチがサポートします。
コグメドのトレーニングは開始後約5-7週間の未来において90%以上の確率でトレーニングが完了し、ワーキングメモリは十分に改善しています。効果はその後も持続します。
一定の期間内に、一定の日数、適切な負荷がワーキングメモリの改善のために必要なことがわかっています。
コーチは、ユーザがやる気をもって開始して完走し、努力の結果を最大化するようにお手伝いします。
経験豊富なコグメドのコーチ