ワーキングメモリについて

ワーキングメモリ

ワーキングメモリは、情報を数秒間くらいまでの短い時間オンラインに保ち、処理する能力で、多くの高次の認知機能(こころやあたまの働き)の鍵となる、いつも使われている重要な能力です。

読んで理解する、計算をする、相手や文脈に即して会話する、作業に集中する、衝動に対して状況を見て抑制する、いくつもの料理を同時に作ることや電話にでながらメールに目を通すなどのマルチタスク、最後までの段取りを考えながらひとつひとつの作業をする、多くの諸条件の中で最適な答えを見つけ る(問題解決、知能、流動性知性)ことなどに不可欠です。

知能の核である一般知性のなかでも、記憶に頼らない問題解決(Problem Solving)能力または流動性知性や、学校の成績とワーキングメモリについてこれまで多くの研究がなされ、強い相関が明らかになっています。

特に注意や集中力とワーキングメモリの相関について従来から多くの研究報告がなされてきました。認知心理学においては、ワーキングメモリの容量をみると、通常群とADHD群でおよそ標準偏差1つ分の差があることが報告されています(Westerberg et al. (2004) Child Neuropsychology)。脳科学的に活動部位が重なっていること、ともにドーパミンシステムの関与が示されています。

従来は、しかし、ワーキングメモリは個人の固定的な資質として、成長以外の変化を起こして改善・強化したり、個人差を解消することはできないと思われてきました。

ワーキングメモリは改善できる!

スウェーデン、カロリンスカ大学のクリングバーグ教授をはじめとするコグメドとその創業者メンバーは、ワーキングメモリは伸ばすことが出来るか、そして能力を増したワーキングメモリはそれによって、知能、問題解決力や集中力など関係する能力や行動・症状に影響を及ぼすか(汎化)という命題をたてました。 

このチームは、1999年から2001年まで、脳科学と心理学の知見と、ゲームの芸術を結集してワーキングメモリトレーニングを開発し、ワーキングメモリの改善と脳のネットワークに起きる変化(可塑的変化)を科学的に証明し、結果はNature Neuroscienceに掲載されました。 

さらに、このトレーニングがワーキングメモリの改善とともに、知能など他の認知機能の改善や、不注意や多動など行動・症状面の改善効果があることを科学的・臨床的に証明し、結果はJournal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatryに発表されました。 

こうして、クリングバーグ教授らは、ワーキングメモリは伸ばすことが出来るか、知能(一般知性、流動性知性)、問題解決能力や集中力・不注意・多動などへの効果があるかという問いにYESの答えをだしました。

⇒ トレーニングする目的と効果