エビデンスに基づく企業コグメドの誕生

エビデンス・ベース(科学的に証明された事実に基づく)= 企業ポリシー

科学論文誌に掲載・発表されるためには、研究手法、仮説、分析、結論に至るプロセスが科学的に正しいかどうか、同じ分野の世界トップの複数の研究者による厳しいチェックを受けています。トレーニングによる行動・症状の改善は科学的事実として証明されたエビデンス(科学的に証明された事実)です。コグメドはエビデンス・ベースを企業ポリシーとしており、”ADHDを含む注意障害はワーキングメモリトレーニングによって改善可能です”と表明できるのは、それがエビデンスに基づくためです。
いまご提供しているトレーニングと同じコーチングメソッド、同じコンピュータプログラムを実際に使用したトレーニングの効果のデータを厳しく客観的な条件で収集し、分析した結果が、厳しいチェックを受けて科学的事実として認められ、メソッド、プログラム、効果の全体が論文として発表されています。注意の改善だけでなく、脳梗塞における認知機能の改善、65歳の流動性知性の35歳への若返り、学力の向上、未就学児の認知能力の向上などコグメドの表明は全てこの高いレベルのエビデンスに基づいています。エビデンスに基づく教育実践やサポートの必要性が求められていますが、コグメドは文字通り、そして比類ない厳しいレベルで、これを実現しています。

コグメド社の創設

この科学的発見と証拠をもとに、カロリンスカ大学の基金(カロリンスカ・デベロップメント)が事業を開始する資本を投入し、コグメドが創立しました。コグメドは、 2003年より、実践をスケールアップし、ストックホルムにクリニックを開業し、3年間に約1000ケースについて臨床データを収集・蓄積しました。スウェーデンにおいて2008年には約1100の学校にて年間約3500人に急速に広がり、米国では2006年に利用が始まり、全米・カナダの約300ヶ所のクリニックを通じて年間数千人の成人と児童・青年がトレーニングでワーキングメモリを伸ばして、学力・集中力・生活の質を改善しています。弊社ワーキングメモリトレーニングの利用者は2009年時点で1万人でしたが、その後広がりを速めて全世界5大陸30カ国以上で累計6万人を突破しました。

コクメドの日本語ホームページへ