期間限定

小1後期

繰り上がりを苦手にしない数学能力トレーニング 

10月末までの期間限定で、後期の算数に取り組んでいる小学校1年生のために繰り上がり・繰り下がりのあるたしざんひきざんを苦手にしないためのトレーニングを開始します。

在宅学習や分散登校、短縮授業など例年と比べるとどうしてもじっくり学習に集中しにくい子どもたち。夏休み前に”足すと10になる数の組み合わせ”を教わり、夏休み中に暗記し、2学期にこれを駆使できて繰り上がり繰り下がりが出来るようになる、しっかりした課程が組まれています。今年は、この予定とおりに出来るか心配です。小1にとっての非常事態です。たしざんひきざんはもちろん、低学年で学習する算数は勉強でも生活でも大切で、苦手な気持ちをもつことは出来れば避けたいです。

コグメドジャパンは15年間ワーキングメモリトレーニングを提供してきましたが、”非常事態”の対策として、初めて期間を限定したトレーニングを提案します。


  1. 数学の能力の改善

数直線(Number Line)によって、空間的な長さや割合と、数字をつねに組み合わせて認識することにより数学のための能力の基礎が育ちます。夏休みをかけて10になる数の組み合わせを暗記しなくても40日程で繰り上がりや、分数などをひとりで修得できる鍵が数直線です。認知能力に着目して算数の学習を助け、数学の能力を伸ばします。

  1. ワーキングメモリの改善

コグメドジャパンのワーキングメモリトレーニングで利用するアプリと同様の機能です。ご本人が動機を維持して取り組むことによって、エビデンスに基づいた改善が期待できます。ワーキングメモリは数学だけでなく、注意・集中力、学習一般、読書、コミュニケーション、計画、問題解決などを支え、重要です。ワーキングメモリトレーニングとは異なり、コーチングはありません。

  1. スウェーデンでは約3割のプレスクールで利用

小学校入学前の1年間がスウェーデンのプレスクールです。約3割のプレスクールで算数の授業の準備のために利用されています。個人差がありますが、算数初めてのところから40日で分数や小数点、負の数などに進む子どももいます。


  • 日常生活において、ご本人や保護者の方がむずかしさをとくに感じていない場合が対象です。

  • ワーキングメモリトレーニングと異なり、コーチングやサポートはありません。現状のむずかしさの把握のための質問表の記入、インテークのためのイニシャルインタビューやトレーニング準備のスタートアップセッションなどはありません。

  • 30分/日、5日/週、8週間=毎日30分x40日の集中的なトレーニングです。スケジュールとおり進められるように保護者の方のサポートが必要です。

  • 最初の1回目か2,3回目くらいまではお子さまのそばにいてやり方について助けが必要かもしれません。それ以降は、同じ部屋にいるか、お子さまひとりでも大丈夫です。

  • 40日終了後ワーキングメモリの改善指標などのデータをお送りします。


ペイパルでお支払いを確認後、アプリのダウンロード方法、ログインするためのアカウント、ガイドブック、トレーニングの進め方をメールにてお送りします。すぐにトレーニングを開始できます。

小学校1年生後期繰り上がりを苦手にしないためのトレーニング

小学校1年生1名 40日間

価格 22,000円