ワーキングメモリートレーニングの 日本への導入の頃




2007 年夏、ワーキングメモリートレーニングの日本への最初の導入に際し、NPOえじそんくらぶが主催し、政府助成金の交付を得てプロジェクトが実施されまし た。昨年夏より、今年3月まで実施され、同法人会員の方を中心に、小学生約30名の他、全部で40名の方が、無料ユーザとして、さらに40人の方が有料 ユーザとしてコグメドのトレーニングを行いました。 

3月8日に、途中報告として研究報告会が開催されました。
http://www.hokkaido-sse.org/syosai.php?code=20071228231726

5 月31日同NPO法人年次総会にてこのプロジェクトの報告が行われました。総会後に参加させていただいた弊社田名瀬取締役による、このプロジェクトの実施 によりワーキングメモリートレーニングの日本への導入が早まったこと、およびプロジェクトを主催いただき、多大なるご支援をいただいたことへの御礼を申し 上げ、参加いただいた保護者の方も加わっていただいて、ワーキングメモリートレーニングについてあらためて説明・質疑応答を行いました。 

 9月クリングバーグ教授来日まえに、2007年夏のプロジェクトの分析メモが提出されました。電話あるいはメールにてコグメド・ジャパンまでお問い合わせ下さい。

トレーニング経験者の結果と感想、ホワイトペーパーのページへ

コ グメドは、これまでスタンフォード大学、ハーバード大学、米ノートル・ダーム大学,NYUとの共同研究(ワーキングメモリートレーニングの効果に関する検 証研究に関するindependent study)を行っております。オリジナルの論文はすべて厳しい査読を経たものであり、上記のインデペンデント研究など世界の一流の研究者を含めて、数多 くの第三者による検証を積み重ねてきています。コグメドのサイト(リンク)のなかの、論文発表された研究(リンク)、学会発表された研究(リンク)ならびに現在進行中の研究(リンク)、また英語ですがリサーチページ(リンク)などをご参照ください。一般の方が科学のプロセスを全て追試したり、論文に目を通す時間がないため、専門家がオープンに、プロセスとしての科学を実践することは重要で、コグメドはこれに協力を惜しみません。また、一般の方むけのセミナーなども積極的に開催してまいります。