ハンス・ウィグゼル教授


ハンス・ウィグゼル(Hans Wigzell)教授はコグメドの役員であり、またコグメドの主要株主であるカロリンスカ・デベロップメント・ファンドの取締役会長です。

ウィグゼル教授はスウェーデン王立科学アカデミー、王立科学技術アカデミーといくつかの国際アカデミーのメンバーです。2004年からカロリンスカ大学医学イノベーションセンターの理事で、いくつかのバイオ医学企業の役員です。1999年よりスウェーデン政府科学アドバイザーです。

1981年 よりカロリンスカ大学において免疫学の教授で、1995年にカロリンスカ大学の学長になりました。彼は、ノーベル賞委員会の委員長を2年間勤め、 the Erik Fernström Award from Uppsala University やthe San Marino Scientific Awardなど栄誉ある賞を受賞しています。彼のキャリアを通して、国際科学論文誌に600以上の論文を著し、またWHOの国際連合AIDS HIVワクチン委員会の議長を勤めました。